ここから本文です

中日2年目小笠原が2軍戦で炎上 ホークス打線に捕まり3回9安打8失点でKO

4/19(水) 15:02配信

Full-Count

昨秋に遊離軟骨除去手術、実戦復帰3度目のマウンドで結果残せず

 中日の15年ドラフト1位・小笠原慎之介投手が、大炎上を喫した。昨秋に左肘を手術した左腕は19日、ウエスタンリーグのソフトバンク戦(タマスタ筑後)に先発したが、3回9安打8失点と崩れ、78球でKOされた。

各球団発表、2016-2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

 初回先頭の川崎に左越えの二塁打を浴びると、真砂に右前適時打を浴びて先制点を献上。さらに2回に大きく乱れた。先頭の曽根に中前安打を浴びると、川崎、明石、江川と1軍クラスの選手に安打を浴び、次々に失点。最後は2死一塁から栗原に右越え本塁打。この回打者11人に8安打を浴び、一挙に7点を失った。

 左肘の遊離軟骨除去手術からの復活を目指している小笠原。3月29日の同リーグ・楽天戦(ナゴヤ)で実戦復帰を果たし、この日がウエスタンリーグで3度目の登板だった。

 1軍は3勝10敗2分けでセ・リーグ最下位に沈み、15試合連続で先発投手に白星がない。投手陣の救世主として、2年目左腕が期待されていたが、厳しい結果となってしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/19(水) 15:02
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 8:00