ここから本文です

殺害女児両親「犯人を恨む」

ホウドウキョク 4/19(水) 9:05配信

千葉県の9歳のベトナム人の女の子が殺害された事件で、女の子の両親がFNNの取材に応じ、「犯人を恨む」と悲痛な思いを明かした。
リンさんの父親のレェ・アイン・ハオさん(34)は「リンちゃんが本当に亡くなったのか信じられない、今でも。まだ整理できていない状態」と話した。
リンさんの母親は「この事件は、日本社会の皆さんが決して望んでいないことで、わたし自身は、日本の皆さんを恨むとか、そういうことは少しも思っていません。わたしたちは犯人を恨む。犯人が憎いと思うばかりです」と話した。
千葉・松戸市の小学生で、ベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)の両親は、自宅でFNNの取材に応じ、容疑者逮捕について感謝の言葉を述べるとともに、娘を亡くした悲痛な思いを語った。
また、死体遺棄の疑いで逮捕された渋谷恭正容疑者(46)が、依然、黙秘を続けていることに対して、「何も話さないので、これからどうすれば真実がわかるか心配している」と述べ、事件の全容解明を強く求めた。

最終更新:4/19(水) 9:05

ホウドウキョク