ここから本文です

ブルズが敵地で2連勝、ラプターズはバックスにリベンジ/プレーオフ1回戦

バスケットボールキング 4/19(水) 16:00配信

 4月19日(現地時間18日)、NBA2016-2017シーズンのプレーオフ1回戦第2戦が各地で行われた。

 イースタン・カンファレンス8位のシカゴ・ブルズは同1位のボストン・セルティックスを相手に敵地で2連勝。31-26で迎えた第2クォーターはロースコアの展開となるが、相手を上回る23点をマークして前半で8点のリードを奪う。第3クォーターは残り8分10秒に1点差まで迫られるが、ジミー・バトラーの10得点など計32点をマーク。86-75で迎えた最終クォーターは終始10点以上のリードを保ったまま試合を進め、最終スコア111-97で勝利を収めた。バトラーとドウェイン・ウェイドが22得点をマークし、ラジョン・ロンドは14アシストを挙げて攻撃をけん引した。

 トロント・ラプターズはミルウォーキー・バックスを下し、第1戦のリベンジを果たした。55-52で突入した第3クォーターは開始早々に試合をひっくり返されたが、すぐさまヨナス・バランチュナス、デマー・デローザンの連続得点でリードを奪う。その後も得点を積みあげて残り6分37秒で13点差まで広げるが、終盤はヤニス・アデトクンボを中心に攻めこまれ84-83で終えた。最終クォーターはサージ・イバカの3ポイントシュートで先制すると、そこから4連続得点を挙げて12点差。しかし、試合終了残り7分25秒に点差を1ケタに縮められ、同2分3秒にはアデトクンボに逆転弾を与えたが、デローザンやカイル・ラウリーの得点で応戦し、106-100で競り勝った。

 ロサンゼルス・クリッパーズはユタ・ジャズと対戦した。第1クォーターはデアンドレ・ジョーダンの10得点などで29点をマークすると、守っては相手の得点を18点に抑え、11点をリード。続く第2クォーターで点差を縮められたが、第3クォーターまでを79-70で終えて最後の12分間に突入した。すると最終クォーターもリードを守りきり、クリッパーズが最終スコア99-91で勝利を収めた。

【試合結果】
ボストン・セルティックス 97-111 シカゴ・ブルズ

トロント・ラプターズ 106-100 ミルウォーキー・バックス

ロサンゼルス・クリッパーズ 99-91 ユタ・ジャズ

BASKETBALL KING

最終更新:4/19(水) 18:14

バスケットボールキング