ここから本文です

金沢龍谷高校に改称へ 尾山台高が来年度、仏教系を明確に

4/19(水) 1:33配信

北國新聞社

 学校法人藤花学園は2018年度から、「藤花学園尾山台高校」(金沢市上安原町)の名称を「金沢龍谷高校」に変更する。18日、石川県に名称変更の認可申請を届け出た。藤花学園は浄土真宗本願寺派の関係学校法人26学園で構成する「龍谷総合学園」に加盟しており、新校名に「龍谷」を用いることで仏教系の学校だと分かりやすくする。

 藤花学園尾山台高校の名称は、1977(昭和52)年度の男女共学化に合わせ、女子高の「藤花高校」から変更して以来、40年間使用されてきた。

 藤花学園は3月の理事会で名称変更を決定し、今月には浄土真宗本願寺派の門主に「龍谷」の名称を使用する許可を得た。

 藤花学園は日谷照應理事長が就任した2002年度以降、国立大への進学実績の向上や、きめ細かい生徒指導に努めてきた。名称変更で学校のブランドをより一層高める。

 日谷理事長は「名は体を表す。仏教系の学校であることを明確にし、高い知性と豊かな情操を養う建学の精神を具現化したい」と話した。

北國新聞社

最終更新:4/19(水) 1:33
北國新聞社