ここから本文です

過去最多658ブース MEX金沢、5月18日開幕

4/19(水) 1:28配信

北國新聞社

 石川県鉄工機電協会は5月18~20日、金沢市の県産業展示館3、4号館で「MEX金沢2017」(機械工業見本市金沢)を開催する。今年は過去最多となる218社・団体が658ブースを出展することが決まっており、最新鋭の工作機械を多彩にアピールする。

 出展は昨年に比べて8社・団体、31ブース多い。県内が61社、県外が155社で、海外は中国とベトナムから各1社が参加する。県外は5年前と比べて55社多く、同協会は「北陸新幹線の開業後、東京と大阪からの出展が大きく増えている」としている。

 会場では産業用ロボットの動向や省エネの取り組みなどに関するセミナーも開かれる。同2号館では旋盤と機械組み立ての2部門で技能五輪全国大会に出場した選手による実演が行われる。

北國新聞社

最終更新:4/19(水) 1:28
北國新聞社