ここから本文です

波瑠、ドロ沼不倫演技は「のぞき見」推奨/記者の目

日刊スポーツ 4/19(水) 12:24配信

 「のぞき見る感覚で見ていただければ」

 女優波瑠(25)が主演するTBS系火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」(火曜午後10時)が18日、スタートした。波瑠は、この“不倫”ものドラマの見方について、こうアピールしている。

【写真】サインを入れた移動式バースタンドの前に立つ波瑠

 原作は、「潔く柔く」「バラ色の明日」などの人気漫画家・いくえみ綾。“2番目に好きな人”と結婚した波瑠演じる渡辺美都がずっと思い続けた小・中学時代の同級生・有島光軌と偶然再会したことから始まる、2組の夫婦のマリッジライフと大人の四角関係を描いた予測不能のストーリーだ。美都の夫を東出昌大(29)、有島を鈴木伸之(24)、有島の妻を仲里依紗(27)が演じている。

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」で、バイタリティーあふれるヒロインを演じ清純派のイメージが強い波瑠。「バカだなー、と思って見てほしいです。不倫なんて正しくないし、友達が不倫していたらやめなよと言うけれど、友達の友達が不倫していたら、ちょっとおもしろくて話を聞いちゃう。そういう、のぞき見る感覚で見ていただければ」と、コメントしている。

 波瑠はオファーが来た際のことを、「結婚してないし、自分の中からこの役のためにリアルなものを動かせるのか? と戸惑いました」と振り返っている。それでも「不倫をしているよりも、恋をしていることを大事にしてリアリティーを持たせていけたら」と、難しい役を演じきるための解決策を見いだしているようだ。

 清純派の波瑠が初の主婦役で、しかもドロ沼の不倫に陥るという役をどうこなすのか? 波瑠が女優としてステップアップするきっかけとなりそうな新ドラマだ。【上岡豊】

最終更新:4/19(水) 12:37

日刊スポーツ