ここから本文です

芦田愛菜、将来の夢は「病理医」に加藤浩次ら驚き

日刊スポーツ 4/19(水) 10:01配信

 慶応義塾中等部に入学した子役女優の芦田愛菜(12)が、将来の夢は「病理医」だと明かし、お笑い芸人の加藤浩次らを驚かせた。

【写真】「慶応ガール」制服姿の芦田愛菜

 芦田は19日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」にVTR出演し、この春から始まった中学生活について語った。また、将来は「医学系の道に進みたい」という芦田だが、その中でも「病理医」になりたいと考えているという。「(病理医のことは)ドラマで知ったんですけど、ほかにも知らない職業がいっぱいあればいいなと思っています、今は」と語った。番組の説明によれば、病理医とは「人の細胞や組織を顕微鏡などで観察して病気の診断をする医師」だという。

 ハリセンボンの近藤春菜は、「小さい頃も天才子役って言われてほんとに素晴らしい演技でいっぱい(ドラマ等に)出てたから、お勉強できてるのかなって勝手に心配してましたけど、ちゃんとやってるし、天才って言われてますけど、努力とご家族のサポートがすごいんだろうな」と感心した。

 加藤は「病理医なんて言葉が出て来るなんて、具体的なんだよね。どんどん聡明な感じになっていきますね」と驚き、コメンテーターの宮崎哲弥氏も「医者になりたいって言うんだったらわかるけど、病理医っていうのが出てくるのがすごいですよね」と語った。

最終更新:4/19(水) 10:12

日刊スポーツ