ここから本文です

夕陽海岸など名所印象的/深浦町観光PRポスター

Web東奥 4/19(水) 10:36配信

 青森県深浦町は、地元の名所を印象的なイラストで紹介する観光PRポスターシリーズの最終第4弾を製作した。今回は赤を基調に、日本海に沈む夕日と、シルエットで浮かび上がったカップルが温かみのあるタッチで描かれている。
 シリーズは2015年度からスタートし、イラストレーター・ジュジュタケシさん(神奈川県鎌倉市在住)がデザインを担当。これまで町の観光地と色を結びつけ、「グリーン」(十二湖ブナ自然林)、「ブルー」(千畳敷海岸)、「イエロー」(北金ケ沢の大イチョウ)を製作してきた。
 第4弾の「レッド」は夕陽海岸を描いており、真っ赤な夕日に照らされたカップルの「私たちの旅は、これからね。」「さあ行こう、次の感動へ。」という会話がキャッチコピーとして添えられている。
 町観光課によると、全国的に地元の名所が分かる写真入りのポスターが多い中、イラストのポスターは優しく温かみがあり、メッセージ性も高いと好評だという。シリーズを企画した同課の鈴木マグロー主幹は「女性や若い観光客に深浦をPRしていきたい」と話している。

東奥日報社

最終更新:4/19(水) 10:36

Web東奥