ここから本文です

米医薬品株投資に薬価引き下げ圧力の影-J&Jなどの決算で利益圧迫

Bloomberg 4/19(水) 9:35配信

米医薬品業界にとって、決算シーズンの幕開けは厳しいものとなった。18日の米株式市場で医薬品・ヘルスケア株は最も下げた銘柄の一角を占めた。薬価引き下げ圧力で業績が再び悪化するとの懸念が投資家の間で広がり始めている。

S&P500種株価指数の銘柄では、医薬品・バイオ関連が大幅下落。ヘルスケア製品販売・サービスが業種別で最も大きく下げた。ナスダック総合指数でも、ヘルスケア株指数の下げが最大だった。

投資家は製薬会社が値上げ見送りないしさらなる大幅値引きを余儀なくされ、利益率が低下すると懸念している。この日の午前、カーディナルヘルスが値下がりを理由に通期見通しを引き下げ、その直後にジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が値下げ圧力などのために幾つかの主要医薬品の1-3月期売上高が予想を下回ったと発表。これをきっかけに今後発表される医薬品・バイオ関連企業決算への懸念が強まった。

原題:Drug Investors Feel Pain of Price Pressure as Earnings Take Hit(抜粋)

Drew Armstrong, Tatiana Darie

最終更新:4/19(水) 9:35

Bloomberg