ここから本文です

【中国】日本製にAD措置を決定、VDC/VC樹脂

NNA 4/20(木) 11:30配信

 中国商務省は19日、日本から輸入される塩化ビニリデン/塩化ビニール(VDC/VC)共重合樹脂に対し、反ダンピング(不当廉売、AD)関税を課す最終決定を発表した。税率は47.1%。期間は20日から5年間となる。
 関税番号の39045000に分類される品目が対象。商務省は日本産の同製品にダンピング行為が存在し、国内産業が実質的な損害を受けたと最終判断した。
 VDC/VC共重合樹脂は、主に食品用ラップフィルムやソーセージのケーシングなどに使われる。同製品の中国大手である浙江巨化の申請を受けて商務省が昨年4月からAD調査を開始し、今年1月にAD措置の仮決定を発表していた。

最終更新:4/20(木) 11:30

NNA