ここから本文です

朝焼けから夕焼け、ムーンロード♪移り変わる絶景オーシャンビュー!優雅な船旅気分が味わえる温泉宿<星野リゾート 界 アンジン>【伊東市】

伊豆新聞 4/20(木) 13:05配信

 全室オーシャンビュー、船旅をイメージしたマリンアンティークなどを随所に装飾した新感覚の温泉宿「星野リゾート 界 アンジン」が、英国人・三浦按針(あんじん)、英国名・ウィリアム・アダムスが日本初の西洋式帆船を建造した伊豆・伊東の地に2017年4月13日にオープンした。

【写真特集】界 アンジンをまるごと紹介♪

 星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」で14番目、同市内では「界 伊東」に続き、2軒目の施設となった。

 大海原と青い空、朝焼け、夕焼け、海の道・ムーンロードと時の流れとともに移りゆく絶景のオーシャンビューを楽しめる最上階の露天風呂は、海風を感じる岩造り。高級感あふれる内風呂は、御影石を使用し、湯上り処では、2種類のビール、伊東名産のぐり茶が無料で楽しめる。

 湯上り処に隣接する「サンブエナデッキ」は、船の甲板をモチーフに設計された開放的な空間で、三浦按針が造船した帆船「サン・ブエナ・ベンツーラ号」にちなんで名付けられた。ビール片手にゆったりとくつろげば、まさに贅沢(ぜいたく)な船旅そのもの。頬をなでる潮風が心地よい。

 また、地域の文化に触れることができる「ご当地部屋」を持つことで有名な「界」ブランドだが、今回の「界 アンジン」では、実際の船旅に使用されていた船の舵(かじ)や、櫂(かい)などをオブジェとして取り入れ、その名も「按針みなとの間」とした。船のパーツを使ったアートワークは、客室や、ロビー、サンブエナデッキなどでも見ることができる。

 全室のベッドスペースに、界オリジナルの寝具「ふわくもスリープ」を備え、麻100%の部屋着は寝心地が良いと好評。スイートルームには、レコード機器もあり、懐かしのレコードでアンティークな音を楽しむことができる。

 食事は、伊豆の食材に按針の出身である英国のエッセンスを加えた和会席を提供。伊豆の名産を味わえる先付「和のフィッシュ・アンド・チップス」や、英国の伝統料理からヒントを得た台の物「鮮魚と柑橘の紙蓋焼き」など新鮮な海の幸が並ぶ。

1/2ページ

最終更新:4/21(金) 18:24

伊豆新聞