ここから本文です

宮迫博之&蛍原徹が狙うは第二の鶴瓶?無関心が生む雨上がり決死隊の間合いスタイル 新番組決定にポロリ「助かった」

夕刊フジ 4/20(木) 16:56配信

 バラエティー番組には欠かせぬ存在だが、最近新番組が決まると、つい漏れる言葉がある。

 宮迫博之「もうじき結成30年ですけど、『助かった』」

 蛍原徹「これは正直な気持ち言うてます」

 宮迫「僕、後輩にたまに言われるんですが、酔うと小声で『助かった』って言うてるらしいです」

 カンテレ系の新バラエティー「雨上がりのナニモン!?」(関西では土曜午後6時半)は世の中の気になる「ナニモン(何者、何物)」の正体に、若手や大御所芸人が迫る番組。トランクルームのユニークな利用法、日本初のドローン専門店などに密着する。

 宮迫「いろいろ知らないことを知れる番組で、勉強にもなる。さっそくドローンを買って、撮影した環境映像でストレスを解消したい。師匠方のコーナーも、ええ年なんで、貴重な資料映像になっていく。そのあたりも楽しんでほしい」

 蛍原「師匠方も、まだまだこれからやって。若い世代の方も楽しんでいただけるように作っているので、ぜひ家族で見ていただきたい」

 吉本総合芸能学院(NSC)同期生で、遊び仲間だった2人は、1989年に「雨上がり決死隊」を結成。東京に進出して鳴かず飛ばずの時期もあったが、解散は「考えたこともない」。テレビ画面からもコンビ仲の良さがあふれているが、今年で結成28年を迎えた秘訣は、意外にも無関心だ。

 蛍原「普段は会話なんてないです。あるわけない。(会話が)あるのは、『さまぁ~ず』と『キャイーン』『くりぃむしちゅー』だけです。かといって、仲悪いとかじゃないですが、みなさん勘違いし過ぎ。それが普通のコンビです」

 宮迫「何にも触れず、気にしない。気にしだすと、腹が立つんじゃないですかね、お互い。家の場所も知らない。蛍原さんが一人でやってる仕事も知らないし、気にならない。又聞きで家買ったんかと思うぐらい」

 蛍原「気にしたら、しまいなんですよ」

 実は、厳しいお笑いの世界で生き抜く術もいまだに模索中という。

 宮迫「生き残るために大切なこと? 同じになるけど、何も考えてない。ウソみたいですけど。これをやったら、生き残れるなんて、たぶんないでしょうしね」

 蛍原「厳しいと言われるけど、先輩はみんなやさしいですし…わかんないです」

 宮迫「ほら、何もないんですって。明確に分かっていたら、もっと仕事あると思う。運もデカイですしね」

 そうはいっても芸人。笑いには貪欲だ。他局を含め大阪制作の番組出演も多く「これ以上、大阪のレギュラー番組が増えたら、嫁に『また大阪?』と言われて、離婚される」と冷や汗を流す宮迫だが、後輩の枠を虎視眈々と狙っている。

 蛍原「『ナニモン』の収録が火曜日、月曜日は他局にお世話になっていて、大阪に泊まることが多いから、火曜日の朝に『よ~いドン!』(カンテレ関西ローカル、月~金曜午前9時50分)に出られるなと。番組を見ながら、ホテルにいてる場合じゃないと思ってます」

 宮迫「最近、ロケ出てないもんな。たむけん(たむらけんじ)のロケが各局全部同じに見える。どの番組か分からなくなるから、カンテレさんもややこしいと思う。そのぶん、俺らがやるよな」

 蛍原「生中継で」

 宮迫「突然、商店街みたいな。生でも時間内にぴったり終わらせます。たむけんは、クビにしたほうがいい」

 そんな2人が目指すのは、ビートたけし、タモリ、明石家さんまのお笑いBIG3…ではなく、第4の存在だ。

 宮迫「狙うなら、(笑福亭)鶴瓶師匠の位置かな。お笑いBIG3って荷が重い感じがするでしょ…って、鶴瓶師匠に失礼なんですけど。あの立ち位置は素晴らしいし、あれだけの能力があって、BIG4になれるはずなのに、あえてしていないような感じを受ける。あの位置にはあこがれます。なれないですけどね」

 蛍原「鶴瓶師匠もいいですね。でも、ああいうバケモンの人たちには到底なれないので、新しいスタンス見つけたい」

 宮迫「所(ジョージ)さんもええな」

 蛍原「所さんは吉本じゃないからな」

 宮迫「え、鶴瓶師匠も松竹(芸能)やん」

 蛍原「鶴瓶師匠の話なんかしてましたっけ?」

 宮迫「あれぐらい、息長くできたらええな。控えめに控えめに。我が我がの『我』を捨てて、おかげおかげの『下』で生きろ…そういう言葉をどっかで聞いたことあります。それです」

 つかず離れず、控えめに。その絶妙な間合いが笑いを生み出す。 (ペン・田中一毅 カメラ・彦野公太朗)

 ■みやさこ・ひろゆき お笑い芸人(ボケ担当)。1970年3月31日、大阪府生まれ、47歳。2003年、映画「蛇イチゴ」で初主演。ヨコハマ映画祭最優秀新人賞など俳優としても活躍する。12年に初期のスキルス性胃がんを患ったが、回復した。

 ■ほとはら・とおる お笑い芸人(ツッコミ担当)。1968年1月8日、大阪府生まれ、49歳。競馬好き芸人、日本ハムファイターズの熱狂的なファンとしても有名。ドラマ「北の国から」の大ファンで北海道・富良野観光大使も務める。

 カンテレ系「雨上がりのナニモン!?」はTOKYO MX、テレビ西日本など全国8局でも放送中。

最終更新:4/20(木) 16:58

夕刊フジ