ここから本文です

チャイナエア、くまモン描く「三熊友達号」 5月に高雄-熊本就航

Aviation Wire 4/20(木) 23:07配信

 台湾のチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)は現地時間4月19日、台湾観光局と台湾南部の高雄市政府、熊本県と提携した特別塗装機「三熊友達号」(ボーイング737-800型機)を発表した。

【チャイナエアの三熊友達号】

 機体には「三熊 一緒にPLAY」をコンセプトに、日本と台湾で人気のクマ3頭を描く。日本は熊本のマスコットキャラクター「くまモン」、台湾は觀光局の「Oh! Bear(オーション/オーベア)」と高雄の「高雄熊(ガオションション/ヒーロー)」で、観光大使として日台間の友好関係が深まるようにとの願いを込めた。

 機体右側には台湾の春の芝生、高雄で最高層の85スカイタワー、ルリマダラ(紫斑蝶)を、左側には九州の春の桜吹雪や熊本城、阿蘇山が描かれる。

 初便は5月26日の高雄-熊本線。就航後は同路線を週3往復運航し、高雄-成田、関西、那覇線への投入も予定している。座席数は、ビジネス8席とエコノミー150席の2クラス158席となる。

 チャイナエアは、2015年10月25日に高雄-熊本線を開設。九州へは福岡と宮崎、鹿児島を合わせて週23往復が台湾から乗り入れ、子会社のマンダリン航空(華信航空、MDA/AE)が、台中-大分線を定期チャーター便で週2往復運航している。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:4/20(木) 23:07

Aviation Wire