ここから本文です

キムタク いざフランス! 主演映画「無限の住人」5月カンヌで“世界進出”体感へ

4/20(木) 5:59配信

デイリースポーツ

 元SMAPの木村拓哉(44)が19日、都内で行われた主演映画「無限の住人」(29日公開)のジャパンプレミアで、女優・杉咲花(19)、三池崇史監督(56)と共に世界三大映画祭の一つ「第70回カンヌ国際映画祭」(5月17日開幕、フランス)出席のため渡仏することを発表した。今作はカンヌで特別招待作品として上映されることが決定している。木村は現地での上映会に立ち合い、“世界進出”の感触を体感する。

【写真】木村拓哉がぶっちゃけ! スシをおごった女優とは… 都市伝説の真相も明かす

 木村が13年ぶりにカンヌの公式上映に参加する。イベント終盤、木村、杉咲、三池監督の渡仏が報告されると、会場からは祝福の拍手が起こった。

 不死身の用心棒・万次を演じた木村は、「歴史ある映画祭の上映作品に選んでいただけたのが、うれしい」と目を細める。吉報は三池監督の電話でもたらされたといい、「俺から言いたい。うれしいお知らせがあります。(カンヌ)決まりました」と言われたそう。木村は「ダブルでうれしかった」と真っ先に電話してくれた監督に感謝した。

 木村にとってカンヌの公式上映会は、香港映画「2046」(ウォン・カーウァイ監督)で参加した「第57回カンヌ-」以来、13年ぶり。上映後に約7分間のスタンディング・オベーションを浴び「やみつきになりそう。ヤバイ」と興奮した場所だった。07年にもカンヌには行っているが、主演映画「HERO」のマーケットプロモーションのみで、公式上映はなかった。

 三池監督にとっては、15年の映画「極道大戦争」以来2年ぶり6作目のカンヌ国際映画祭。今回は初の特別招待作品とあって、「『優劣を競うのとは別で見ましょうよ。カンヌから発信しますよ』と。とても光栄」と感激しきり。木村と腕を組み登壇した杉咲も「幸せ。行ってきます」と初のカンヌ参加を喜んだ。

 渡航期間は調整中だが、“役者・木村拓哉”は、カンヌの空気に触れ、世界進出へ大きな弾みをつける。