ここから本文です

森友保育園存続危機 籠池諄子園長「閉園とは言わせない」

関西テレビ 4/20(木) 20:32配信

関西テレビ

存続の危機に、渦中の園長が関西テレビの単独取材に応じました。

森友学園の系列の保育園で、保育士の数が大阪市の基準を満たしていない問題。籠池諄子園長は「閉園とは言わせない」と語りました。

【籠池諄子園長】
Q.大阪市には何を伝えに行く?
「呼び出したんや、市長が」
Q.大阪市に続けたいと言う?
「いきなりそういうことを言うとまた反感を買うので、まずはじっくり話を聞こうと思います」

籠池諄子園長は20日午後5時すぎ、保育士の確保について大阪市と話し合うため市役所に入りました。

森友学園の系列の保育園はいま存続の危機に陥っています。

保育園では、今月に入って保育士2人が退職。

保育士が4人だけになり、大阪市の基準を満たせなくなりました。

大阪市は緊急措置として今月末までの期限付きで保育士6人を派遣し、園側には20日までに保育士確保の計画を提出するよう求めていました。

【大阪市 吉村市長】
「いくら園長が引き続き園を実施したいと言っても、(保育士を)自力で確保できないということであれば当然認めるわけにはいかない」

大阪市は、計画が示されなければ休園も検討するとしています。

市役所に入る前、園長は保育士の確保について次のように話しました。

【籠池諄子園長】
「探すように努力してます。本来、保育士が足りないことはない。いっぱい(応募が)来てましたし。でも“いい人”を選ぶことが違っていたのかな。枠を狭めていたのかなと反省しています。理念を優先してやったことが今の時代には通らないのでしょうかね。保護者から漏れうかがうのは、『保育士が整ってなかったら閉園』といわれたそうです。それはひどいなと思って…」
Q.20日の段階で6人揃っていないので、『もうなしですね』と言われるかもしれないが?
「言わせません!」

大阪市は園長との話し合いが終わった後、結果を公表する予定です。

最終更新:4/21(金) 2:13

関西テレビ