ここから本文です

米メディアの古巣最後の本塁打論争にイチローは「またここに戻ってくる」

4/20(木) 11:54配信

THE PAGE

マーリンズのイチロー(43)が19日(日本時間20日)、古巣マリナーズの本拠地セーフコフィールドで行われたインターリーグ(交流戦)で、今季1号本塁打を放った。オリックス時代の93年から日米通算で25年連続の本塁打記録。あくまでも日米合算だが、リッキ-・ヘンダーソンが持つメジャーリーグ記録に並んだ。ちなみに日本では、元中日、横浜の谷繁元信氏が26年連続、野村克也氏が25年連続の記録を持っている。

 さっそく米大リーグの公式ホームページが「セーフコの最終戦で、イチローが心を揺さぶるホームラン」というタイトルで、この本塁打を伝えた。

「マリナーズが、来客にバブルヘッド人形(最多安打と3000本安打を記念した2体が台座に乗ったもの)を配り、かつての右翼手で今はマーリンズの選手である彼を称えた日に、その最後の打席で、感慨深いイチローがホームランを放った。マーシャルの投げた球を右中間へ運んだ」と、様子を紹介した。

「イチローは特別な瞬間を最後まで残しておいたようだった。かつてのようにファンが彼の名前を繰り返すなか、イチローは今季初本塁打と初打点を挙げた。セーフコのファンは彼がベースを回る間、スタンディングオベーションし、彼がダグアウトに入って見えなくなっても名前を繰り返した」と、セーフコフィールドが感動的に盛り上がったシーンを描写した。

 ファンからも感動の投稿が相次いだ。

「なんていう瞬間だ。私は5回も繰り返して見ている。素晴らしいプレーだった。シアトルではあなたは常に歓迎されている」
「極めて少ない選手だけがゲームを超越できる。イチローはその一人だ」などと書き込んだ。

 マーリンズの公式ツイッターもイチローの本塁打の画像の横に「ロマンチック」と書き加えた。

 対戦相手のマリナーズの選手たちにも特別な感情がわき上がってきたという。

 シアトルタイムズ紙によると、三塁手のカイル・シーガーは、「対戦相手のホームランは見たくない。でも、あの瞬間はとても特別なものだったね。ぞくっとしたよ。もちろん、彼にはホームランを打って欲しくなかった。けど、イチローがセーフコで打つときは、これまで彼がやってきたこと全てがそうだったように、野球にとって特別な、ゲームよりも大きなものだったと思う」と、話したそうだ。
 

1/2ページ

最終更新:4/20(木) 12:25
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 16:25