ここから本文です

坂道スイスイ角田をぐるり 電動サイクルで自然満喫 西蒲

4/20(木) 10:11配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟市西蒲区の角田山麓を電動自転車に乗って周遊する交流会が、角田地区で開かれた。参加者やスタッフらは約10キロのルートを巡り、海岸や史跡を見学しながら、地域の自然と歴史文化を満喫した。

 地元コミュニティ協議会などでつくる「角田山麓観光まちづくり研究会」が昨年秋から取り組み、今回で3回目。電動自転車は西蒲区岩室地区にある観光交流施設いわむろやのレンタサイクルを活用。坂道が多い角田山麓でも、世代や体力に関わらず爽快感を味わえる。

 15日は区内外から11人が参加した。一行は角田地区コミュニティセンターを出発後、軽快に山麓を巡った。雨にも降られたが快調にペダルをこぎ、約2時間かけて10カ所のポイントを巡った。「越前浜は落ち武者が越前の国から流れ着いたのが由来です」などとガイドが解説し、参加者は興味深そうに聞き入った。

 西蒲区巻の女性(67)は「自動車だと見過ごしてしまう場所をじっくり見られるのがいい」と話した。

 交流会は5月11日に松野尾地区、6月4日に峰岡地区でも開催される。