ここから本文です

ライブのダイブで鼻骨折 足が直撃、被害者「トラウマに」

J-CASTニュース 4/20(木) 18:45配信

 楽しいはずのロックバンドのライブで骨折事故が起きた。オールスタンディングのライブ会場で、密集した客の上に乗っかって流れていく「ダイブ」行為をした客の足が顔面を直撃し、鼻骨を骨折したとツイッター上で報告があった。

 かねてから危険視されているダイブについては、「禁止」を掲げるライブも多い。一方で、ダイブも含めての「熱狂」がライブの醍醐味と考える向きも根強くいる。あるライブハウスの担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「ダイブはなければないに越したことはありませんが...」と複雑な事情を話す。

■流血止まらず、過呼吸に

 骨折したというツイッターユーザー「まちこ」さんは2017年4月17日の投稿で、当時の状況を詳細につづった。「ダイバー」の踵(かかと)がまちこさんの鼻に直撃し、激痛が走った。鼻と口から流血し、タオルで押さえても止まる気配がなかったため、気付いた他の客やライブハウスのスタッフによってホール外に誘導された。貧血状態になり、スタッフに応急処置を受けた。過呼吸にも襲われ、しばらく別室で休んだ。

 状態が落ち着くと、ライブが見られるモニター越しに観覧した。ただ、楽しそうな他の客を見ると「悔しい気持ちでいっぱいに」なったという。翌日、病院で鼻骨骨折の整復手術を受けた。ライブ後は、音楽を聴くと流血がフラッシュバックするため「ライブがトラウマになり、今後のライブが行けなくなりました」として、こう訴えた。

  「ダイバーさんの知らないところで倒れて一生の傷になった自分がいます。知ってもらえると嬉しいです」

 まちこさんは4月19日、J-CASTニュースの取材に応じた。22歳の女性で、4月14日に愛知県内のライブハウスで行われた今回のライブでは最前方で観覧していた。オールスタンディングのライブは「今年8回目」で、「去年まで含めると数えきれません」とたびたび参加し、ダイバーの存在にも慣れている。それでも、気にならない程度のあざができたことは何度かあったが、「ここまでひどい怪我は初めて」という。現在の心身の状態についてもこう明かす。

  「接客業をしておりますので、鼻を見られるという、人に対する恐怖もあります。手術後、痛みで何回も起きました。メガネをかける、化粧をする、洗顔全て痛いです。人の目が気になるようになり、 隣の人が少し手を動かしただけでもとっさに鼻を守ろうと手で隠してしまいます。音楽を聴くとフラッシュバックしてしまうので、今まで聞いていた音楽が聴けなくなってしまったこと、寝ようと思っても無音状態だと骨の折れた時の音が蘇ってしまうので、テレビをつけっぱなしにして気を紛らわして生活しています」

1/2ページ

最終更新:4/21(金) 10:29

J-CASTニュース