ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】順調すぎて不安?「すべて予定通りに消化。ホンダは原因究明中」不具合の原因究明は難しい・・・

TopNews 4/20(木) 16:01配信

バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われたシーズン中の公式テスト最終日(2日目)は、初日よりも実りの多い一日となった。

● 【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「今シーズン最高の一日。問題がないのは今日が初めて」

■エリック・ブーリエ(マクラーレン・ホンダ、レーシングディレクター)

「今日は、信頼性の面で、すべてのものが完ぺきに機能した。また、セッティングに関しては、予定よりも多くの作業を実施することができた。

今日はあるべきかたちでテストを行うことができ、コース上での時間を最大限に活用することができた。すべて予定通りにスケジュールを消化し、連続走行も行った。今日のテスト内容には、とても満足しているよ。

今日はなんの問題もなく走行できたので、ここ数日の間に発生した不具合について理解するのは簡単ではない。ただ、ホンダは原因がどこにあるのかを見つけるために、懸命な仕事を続けている。今日はこれまでよりもさらにアグレッシブなセットアップで走行することができ、膨大な情報を収集しながら、解決策についても数多くテストした。したがって、データおよび結果の両面で、非常に前向きな一日となった。

ここ2週間は、マクラーレン・ホンダの全員にとって試練のときだった。自宅を離れて久しいというのに、長時間にわたって懸命に仕事をし、信じられないほどの努力を重ねてくれたチームのメンバーには、感謝してもしきれない。

オリバーとストフェルも、すばらしい仕事をしてくれた。特にストフェルは、連戦となったここ2週間は困難な状況に直面していたため、今日のテストで多くの周回を重ねられたことは、本当に貴重だった。

今回はいいタイミングで、最終日にかなりの距離を走行することができた。私たちは、引き続き前進するために今まで以上にやる気に満ちた気持ちで、これからファクトリーに戻る。データを解析するが、ソチで開催される次戦に向けて準備する時間はあまりない。次のロシアGPも難しい週末になると思うが、我々はいつも通り困難に立ち向かう準備ができている」。

最終更新:4/20(木) 16:01

TopNews