ここから本文です

こじはるVS東スポの珍問答 卒業会見での「最終対決」一部始終

J-CASTニュース 4/20(木) 19:29配信

 2017年4月19日にAKB48を卒業した小嶋陽菜さん(29)は、卒業公演後の記者会見で、「怒濤の12年」などと自らのAKB生活を振り返った。実は、約20分間にわたって行われた会見で、最も報道陣から笑いが起こったのが「東スポいじり」のくだりだった。

【画像】会見場を後にする小嶋陽菜さん

 東京スポーツの記者の「珍質問」に、小嶋さんが冷ややかながらも当意即妙な反応をするというのが、小嶋さんの会見の「恒例行事」。「ラストバトル」になりそうな今回の会見でも、「小嶋さんにとって東スポとは?」「何だろう、暇つぶしに...」といった珍問答の応酬が展開された。

■東スポとの関係は「終わったでしょ?終わったじゃん!」

 小嶋さんと東スポとの「関係」は周知の事実。4月19日夜の会見でも、東スポ以外の記者が、わざわざ

  「今後と言えば、東スポさんとの関係は?」

と質問するほどで、小嶋さんは

  「終わったでしょ?終わったじゃん!」

と冷たく反応した。それでも東スポ記者が

  「もう1度確認なんですけど、本当に卒業するんですか?」

と念を押すと、小嶋さんは

  「するよ!言ったじゃん、この間。こじまつり(編注:17年2月の卒業コンサート)の時、終わりましたよ、関係は」

と語気を強めた。さらに東スポ記者は、卒業公演で読み上げられたプロデューサーの秋元康氏の手紙の内容をまねて

  「1回言いたくて...『陽菜、もう少しAKBにいたら?』」

と「卒業撤回」を要請したが、小嶋さんは

  「いや、全然秋元さんと違うから。いい加減にして!(東スポが秋元氏を)いじんの、まだ早い!手紙、また読まなきゃ。東スポの手紙になっちゃう」

と一蹴、報道陣からは大きな笑いが起きた。小嶋さんの卒業後も

  「小じゃれたファッションのイベントにでも呼んでください」

という東スポ記者のお願いにも、「来ないでください!」と「塩対応」だった。

1/2ページ

最終更新:4/20(木) 19:54

J-CASTニュース