ここから本文です

横峯さくらが国内3試合目 得意コースとは違う川奈の芝を警戒

ゴルフ情報ALBA.Net 4/20(木) 16:45配信

<フジサンケイレディスクラシック 事前情報◇20日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>

2年ぶりのイメチェン?藤田光里が久々に挑戦したことは…?

開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」、「ヨコハマタイヤゴルフ PRGRレディス」とここまで国内ツアー2試合に出場している横峯さくらが、主戦場である米国からいったん帰国。国内3試合目となる「フジサンケイレディス」に挑む。

今季は米国女子ツアーに5試合に出場し、最高は「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の58位。だが、じょじょに復調傾向にあるようだ。「調子はだいぶ良くなってきました。ショートゲームでボギーを打っていたので、その辺りを重点的にというところですね」。

そのショートゲームで今週カギとなりそうなのが高麗芝。横峯は同じく高麗グリーンの宮崎カントリークラブで行われる「LPGAツアー選手権リコーカップ」で2勝を挙げているが、性質がちょっと異なるようだ。「宮崎CCのはしっかり刈ってあって、ベント芝っぽい高麗。目はあるけど、寝てる目みたいな感じですかね」。川奈の高麗芝は「そこまで得意ではないんですけどね(笑)」というが、「逆目の時にしっかりと打っていけるようにしたい」と警戒した。

「時差ぼけはまだあるけどそんなにひどくないですし、日本の食事はおいしいのでおいしい海の幸を食べて頑張りたいです」。横峯は来週の「サイバーエージェントレディス」にも出場予定。母国での2試合で主戦場へとつながるきっかけをつかみたい。

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:4/20(木) 17:41

ゴルフ情報ALBA.Net