ここから本文です

AKB卒業後に活路あり? 小嶋陽菜に「第2の平子理沙」の声

日刊ゲンダイDIGITAL 4/20(木) 9:26配信

 AKB48の1期生、小嶋陽菜(29)が19日、東京・秋葉原のAKB劇場で行われた最終公演をもって卒業した。2005年12月の第1回公演からグループを牽引してきた中心メンバーだけに大きな話題となる一方、ファンの間では小嶋の“今後”を心配する議論が活発になっている。

 というのも、AKB卒業生はその後の芸能活動が振るわないケースがほとんど。篠田麻里子(31)や板野友美(25)らかつての人気メンバーでさえ、すっかりメディア露出が激減してしまった。そのため、小嶋についても不安視する向きが多いのだが、そんな中、にわかに支持が高まっているのが「小嶋は第2の平子理沙を目指すべき」というプランだ。

 平子理沙(46)といえば、1990年代から女性ファッション誌などで活躍を続け、近年は「アラフォーの星」とも呼ばれるようになったカリスマ的人気モデル。その平子との共通項が多いという理由から、“ポスト平子理沙”候補として、小嶋の名前が上がり始めているらしい。

 ネット上では、2人のぷっくりふくらんだ唇やクリクリした目などの特徴から、<小嶋陽菜って、平子理沙に似てきた><小嶋の造型が若い頃の平子に重なる>といった声が浮上。ほかにも、平子がファッション誌「JJ」や「ViVi」で活躍し、現在の地位を手に入れたこと、小嶋がAKBの活動と並行して「MAQUIA」「sweet」「美人百花」などでモデルとして活動してきたことを重ね合わせるなど、議論が白熱している。

「ファッション誌だけでなく、小嶋はこれまで女性下着メーカー『ピーチジョン』や、資生堂シャンプー『TSUBAKI』のCMに出演。AKB在籍時から同性への訴求力が高く評価されてきました。美容タレント路線で行けば、この先、平子のようにアラサーやアラフォーの星として輝けるかもしれません」(芸能ライター)

 女性からの支持が広がれば大化けする可能性がありそうだ。

最終更新:4/20(木) 9:26

日刊ゲンダイDIGITAL