ここから本文です

ゆったり座って一流音楽堪能 JR新浦安駅前に「浦安音楽ホール」 千葉

産経新聞 4/20(木) 7:55配信

 浦安市がJR新浦安駅前に整備した「浦安音楽ホール」(同市入船)がオープンした。音響に配慮しており、一流音楽家による本格的なコンサートを楽しむことができる。

 音楽ホールは新設の商業ビルの4~7階部分。メインとなるコンサートホールは303席。ゆったり座って音楽を満喫できる。舞台上部には「浮き雲」と呼ばれる音響設備が設置されている。天井は星空をイメージした照明が整備された。

 こけら落としコンサートとして14日、バイオリニストの諏訪内晶子さんが演奏した。今後もピアノ、ハープ、ジャズ、チェロなどのコンサートが予定されている。

 また、ハーモニーホールは収納式の客席(201席)を備える。舞台形式や平土間形式など使い手の創意工夫でさまざまな客席レイアウトが可能だ。演劇、ダンス、寄席、能などに活用でき、一体感のある空間となりそうだ。

 スタジオは5室ある。演奏会のリハーサルやバンド練習など日常的に使用することができる。事業費は約19億8700万円。

 音楽ホール運営担当の堀あゆみさんは「音響にこだわったホールです。落ち着いた雰囲気で音楽を楽しめる。トップレベルの音楽家を招いて質の高いコンサートを企画していきたい」と話していた。問い合わせは同ホール(電)047・382・3035。

最終更新:4/20(木) 7:55

産経新聞