ここから本文です

血と真実を求める吸血鬼(レヴナント)たちの物語――『CODE VEIN(コードヴェイン)』2018年発売決定

4/20(木) 13:02配信

ファミ通.com

●バンダイナムコが放つドラマティック探索アクションRPG
 バンダイナムコエンターテインメントは、ドラマティック探索アクションRPG『CODE VEIN(コードヴェイン)』を、2018年に発売することを発表した。対応プラットフォームや価格は未定。

 本作は、崩壊した近未来を舞台に、仲間キャラクターと強敵の待ち受ける広大なダンジョンに挑む探索アクションRPG。プレイヤーは“吸血鬼(レヴナント)”のひとりとして、敵から奪った血を消費して発現する“錬血”を駆使しながら、死地の果てにある真実を求めてダンジョンを探索していく。

 発売決定にともない、同作の公式Twitterアカウント(@CODE_VEIN)もオープン。こちらもあわせてお見逃しなく。

●バディとともに、死闘の果てへ
 ダンジョンでは、バディをひとり選んでいっしょに探索をすることが可能。連れて行けるバディは物語の進行とともに増えていく。ともに恐れおののき、ともに支え合って困難を乗り越えるプレイヤーとバディ。未知の光景に辿り着いたときには、ドラマティックな感動を抱くこと請け合いだ。
 絶望的な状況でも心強いバディとともにチャレンジし、ともに苦境を乗り越えることで、新たなドラマが紡がれてゆく。

●崩壊した近未来でくり広げられる、吸血鬼(レヴナント)たちの物語
 決して遠くない未来、世界は唐突に崩壊の時を迎えた。“審判の棘”に貫かれて地殻は無残に裂け、繁栄の象徴たる人類の建造物が墓標のように佇む。
 そこには、吸血鬼(レヴナント)と呼ばれる者たちがかろうじて生き延びる、“ヴェイン”と呼ばれる閉鎖社会があった。

 滅びに抗うために人であることを棄てた吸血鬼(レヴナント)たち。
 彼らは超常的な力の代償として人としての記憶の大部分を喪いながらも、血を吸うことでかろうじて人間性を保ちつづけている。
 血の欠乏は、彼らを人の心を喪った堕鬼(ロスト)へと変貌させてしまうのだ。

 無数の堕鬼(ロスト)たちが跋扈し、血の渇きをかきたてる瘴気が蔓延する閉鎖世界で、吸血鬼の仲間とともに、血と真実を求めての探索が始まる。この世界に出口はあるのか? 自分たちは何故生まれたのか?
 彼らの絶望的な旅は、やがて“ヴェイン”に眠る巨大な秘密へとつながっていく。

●吸血鬼(レヴナント)たち
 閉鎖された世界の中で生きる吸血鬼(レヴナント)。彼らは超常的な力の代償としてヒトとしての記憶の大部分を喪いながらも、血を吸うことでかろうじて人間性を保ち続けている。

●堕鬼(ロスト)
 血が欠乏し、人の心を保つことができずに異形と化した吸血鬼のなれの果て。決して満たされることのない血の渇きの苦しみから逃れるべく、新たな血を求めて永遠に世界を彷徨い続けている。

●吸血牙装(ブラッドヴェイル)
 吸血鬼(レヴナント)たちは独自の装備、吸血牙装(ブラッドヴェイル)を用いて敵の血を奪う。通常は防具としての側面も持つ衣服の形状をしているが、吸血時には血を奪うための吸血機構が露出し、さらに使用者の口もとを禍々しいマスクで覆う姿へと変貌。吸血機構で得られた敵の血は、牙装内のパイプを通り、使用者への口内へと運ばれる。

●錬血
 吸収した敵の血を用いてさまざまな戦闘効果を発現する、吸血鬼(レヴナント)の特殊能力。敵への直接攻撃、自己強化、敵の弱体化など、その効果はさまざま。探索のなかでどのように敵の血を奪い、どのように錬血を用いるかが、ダンジョン踏破の鍵となる。

●吸血鬼(レヴナント)の武器
 剣や銃剣、斧槍など、それぞれ個性的なアクションができる武器のなかから、プレイスタイルに合わせて選択可能。吸血牙装(ブラッドヴェイル)との組み合わせによって、自由度の高い戦闘スタイルの構築が実現する。

●“ヴェイン”のなかに存在する広大な世界

最終更新:4/20(木) 13:02
ファミ通.com