ここから本文です

【フローラS】フローレス弾んだ最先着 木村師「本気を出させたい」

4/20(木) 6:05配信

デイリースポーツ

 「フローラS・G2」(22日、東京)

 2カ月半ぶりとなるフローレスマジックは19日、美浦Wで3頭併せを敢行した。木村師の「馬に本気を出させたい」という意図で、直線は内にシルヴァーコード(5歳1000万下)、外にラスカルグレイ(4歳500万下)に挟まれる形。弾むようなフットワークを見せ、難なく最先着を決めた。

 木村師の採点は「直線で頭を上げたり、まだ馬が本気じゃない感じ。力んだ走りになっている」と厳しかったが、これも将来への期待の高さゆえだろう。全姉ラキシスは4歳時にエリザベス女王杯を制覇。全兄サトノケンシロウも3歳の夏から結果を出し始めたように、奥手の血筋でもある。

 ただ、同世代の牝馬では間違いなく能力上位だ。前走のデイリー杯クイーンCでは、のちの桜花賞馬レーヌミノルに先着。前々走のアルテミスSではリスグラシューに肉薄した。本格化は先でも、現時点での完成度でアッサリ結果を出しても不思議はない。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ