ここから本文です

平戸城天守閣で1泊「城主」に 1回限定、男女ペア募集

朝日新聞デジタル 4/20(木) 8:46配信

 平戸城(長崎県平戸市)の天守閣に泊まろう――。そんな企画に参加したい男女ペア1組を、民泊サービス提供会社「百戦錬磨」(仙台市)と平戸市が募っている。宿泊日は5月20日で、料金は無料。「キャッスル・ステイ」と銘打ち、今月23日まで特設サイト(http://mag.stayjapan.com/ja/841/)で受け付け、26日に当選者を発表する。海外からの応募も歓迎という。

【写真】最上階に宿泊してもらう企画がある平戸城の天守閣=長崎県平戸市岩の上町

 参加者は紋付きはかまや着物姿で「一日城主」となり、殿さま、お姫さま気分を味わえる。普段は展望所になっている天守閣の最上階に寝室を整え、同社や市職員が側用人や警護の忍者役を務める。夕食には地元の旬の食材を使った「殿様御膳」を用意。翌朝は定置網漁を体験してもらい、とれた魚を朝食に提供する。

 平戸までの国内の移動など諸費用は同社が負担し、宿泊者から料金は取らない。上山康博社長は「歴史的な資源を活用することが地域活性化につながる」と話す。黒田成彦市長は「平戸ならではの思い出づくりを満喫してもらえるのでは」と期待する。

朝日新聞社

最終更新:4/20(木) 8:46

朝日新聞デジタル