ここから本文です

まつり盛り上げ、手作りたこ披露 浜松市職員の男性

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 4/20(木) 9:24配信

 浜松市中区役所区民生活課の非常勤職員市川啓介さん(61)=中区栄町=が浜松まつり(5月3~5日)を盛り上げようと手作りしたたこが19日、市役所にお目見えした。市のマスコットキャラクター「出世大名 家康くん」と「出世法師 直虎ちゃん」を描いた力作で、市役所1階ロビーに展示する。市川さんは「子どもたちに喜んでもらえたら」と話している。たこは1・2メートル四方。浜松城や家康くん、直虎ちゃん、栄町など五つの町内の「たこ印」を描いた。市川さんが下書きし、全国の熟練技能者が競った今年の「技能グランプリ」で銀賞を受賞した栄町たこ揚げ会のメンバー上村浩太さん(45)がペイントした。

 20年ほど前から、子ども向けにアニメキャラクターなどを描いたたこを製作しているという市川さん。今回は3年前に栄町で揚げた初子だこの材料を再利用して、わずか3日間で作り上げたという。2週間後に迫った浜松まつりに向けて、「みんなで安全に楽しいまつりにしたい」と語った。

静岡新聞社

最終更新:4/20(木) 9:24

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS