ここから本文です

【リコール】いすゞの路線バス エルガ など、扉が開閉できなくなるおそれ

4/20(木) 17:02配信

レスポンス

いすゞ自動車と日野自動車は4月20日、大型・中型路線バスのいすゞ『エルガ』、日野『ブルーリボン』などの電気配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

[関連写真]

対象となるのは、いすゞ『エルガ』『エルガミオ』、日野『ブルーリボン』『ブルーリボン ハイブリッド』『レインボー』の5車種で、2015年10月12日~2016年11月3日に製造された1214台。

配電箱内や計器盤、中扉光電管の電気配線が不適切なため、そのまま使用を続けると、配線の被覆が損傷して短絡し、最悪の場合、扉の開閉ができなくなったり、走行中にエンジン停止、再始動できなくなるおそれがある。全車両、配線を点検し、損傷している場合は補修する。

いすゞ車両で不具合が5件発生。日野の車両では不具合は起きていない。市場からの情報により発覚した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:4/20(木) 17:02
レスポンス