ここから本文です

P・ヴァーホーヴェン×I・ユペール「エル」刺激的なシーン満載のWeb限定予告

4/20(木) 12:01配信

映画ナタリー

「氷の微笑」のポール・ヴァーホーヴェンが監督、「ピアニスト」のイザベル・ユペールが主演を務めた「Elle」の邦題が「エル ELLE」に決定。あわせて本作の予告編がYouTubeで公開された。

【写真】「エル ELLE」(他2枚)

本作はフィリップ・ディジャンの小説をもとにしたエロティックサスペンス。ユペールの共演にはローラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリング、ヴィルジニー・エフィラ、ジョナ・ブロケらが名を連ねる。

予告編には主人公ミシェルが覆面の男に襲われるさまや、彼女が犯人を突き止めるため行動を開始する場面を収録。そして彼女の元夫、恋人、部下、隣人の姿や、ミシェルが男性から「一番危険なのは君だ」と言われるシーンなどが映し出されていく。なおこの予告編はWeb限定のもので、劇場で上映される映像より刺激的なシーンが多く含まれている。

「エル ELLE」は8月に東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。



(c)2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP

最終更新:4/20(木) 12:01
映画ナタリー