ここから本文です

ハットで決めた!C・ロナ、通算100得点「僕らが勝利に値した」/欧州CL

サンケイスポーツ 4/20(木) 7:00配信

 欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦(18日=日本時間19日、マドリードほか)2試合が行われ、連覇を狙うレアル・マドリード(スペイン)は、ホームでバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)を延長の末に4-2で退け、合計6-3で準決勝に進出。FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が勝ち越し点を含む3得点で欧州CL通算100点とした。日本代表FW岡崎慎司(31)のレスター(イングランド)は、ホームでアトレチコ・マドリード(スペイン)と1-1で引き分け、2戦合計1-2で4強入りを逃した。岡崎は先発したが0-1の前半のみで退いた。

 千両役者が大舞台で輝いた。延長にもつれ込んだ激闘でFWロナウドが圧巻のハットトリック。大会史上初の通算100得点となる3点目のゴール後には、ブラジル代表DFマルセロと、代名詞の“クリロナポーズ”パフォーマンスを披露し、観衆を魅了した。

 「3点取れたことはもちろんうれしいけれど、チームの出来が素晴らしかった。僕らが勝利に値したよ」。ロナウドはクラブ公式サイトに喜びのコメントを寄せた。

 敵地での第1戦で2点を奪った「背番号7」。この日、フランス代表FWベンゼマと2トップで先発したが、前半はドリブル突破は不発で、シュートも枠を外す場面が目立った。

 だが、後半19分にベンゼマが退くとワントップとしてゴールに集中した。0-1の同31分に右クロスを頭でたたきつけて同点弾を決めると、延長前半終了間際に左からのパスをワントラップして左足で追加点。同後半5分にはマルセロの突破に合わせて位置取りし、ラストパスを右足で軽く合わせ、大会通算100点目(マンチェスターUで15点、Rマドリードで85点)を記録した。2-1で先勝した12日の第1戦で2ゴールし、欧州連盟(UEFA)主催のクラブ大会で初の100得点を成し遂げた矢先の快挙だ。

 エースの活躍でGKノイアーらW杯覇者のドイツ代表が中軸に居並ぶ強敵を粉砕した。7季連続の4強入りし、ジダン監督も「ロナウドは重要なときに、常にやってくれる」と賛辞を惜しまなかった。

最終更新:4/20(木) 7:00

サンケイスポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合