ここから本文です

女子バレーのキム・ヨンギョン、3億オファー説まで… 年俸新記録を打ち立てるか

WoW!Korea 4/20(木) 13:50配信

過去、日本のVリーグでのプレー経験をもつキム・ヨンギョン(29)の価値が注目を浴びている。フェネルバフチェ(トルコ)との契約満了を控え、トルコや日本、中国のチームからラブコールが相次いでいる。

キム・ヨンギョンの紹介と写真

 トルコプロリーグのフェネルバフチェに所属中のキム・ヨンギョン。彼女の年俸は2016-17シーズン男女トータルで世界1位(120万ユーロ)と伝えられている。非公式ではあるが、チーム側で税金を払うなど実際の給与は120万ユーロとも言われる。

 2011年、日本を離れてトルコ・フェネルバフチェに移籍したキム・ヨンギョンは6年目のシーズンを送っている。まだ契約期間は残っているが、ヨーロッパからの関心が熱い。トルコのメディアは先ごろ、「エジザージュバシュ(トルコ)がキム・ヨンギョンへ300万ドルの年俸を提示し、オファーを出した」と報じて話題となった。

 また、ポーランドのメディアは19日、「キム・ヨンギョンがフェネルバフチェより120万ユーロを受け取っているが、先ごろエジザージュバシュがより高額を提示したとみられる」と報道した。

 トルコ以外にも、昨年キム・ヨンギョンに関心を見せた中国リーグや日本のチームも「獲得したい」と総力をあげているという。

 今シーズン、トルコリーグ・ガラタサライとの決勝戦だけを残しているキム・ヨンギョンの去就に世界バレーボールファンの関心が高まっている。

最終更新:4/20(木) 13:50

WoW!Korea