ここから本文です

「ギンザシックス」開業=大型商業施設、東京に新名所

時事通信 4/20(木) 10:41配信

 J・フロントリテイリングなどが開発を手掛けた複合施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」(東京都中央区)が20日開業した。銀座地区最大の店舗面積を持つ商業施設となり、東京の新たな名所として注目を集めそうだ。

 ギンザシックスは、J・フロント傘下の百貨店で2013年6月に閉店した松坂屋銀座店の跡地に建設された。地上13階、地下6階建てで、高級ブランドの旗艦店など241店舗が出店。7階以上はオフィスで、1階には観光バスの乗降スペースを設置。地下には能楽堂が設けられ、日本文化の発信拠点としても期待されている。

 近隣の商店主らでつくる全銀座会の遠藤彬会長は「銀座のランドマークとして注目度も高い」と商業施設の開業を歓迎。「日本だけでなく海外から銀座を訪れる人も増えるだろう」と期待感を示した。 

最終更新:4/20(木) 14:27

時事通信