ここから本文です

「Google Chrome 58」が正式版に ~“Indexed DB 2.0”対応と29件の脆弱性修正

Impress Watch 4/20(木) 11:06配信

 米Google Inc.は19日(現地時間)、Webブラウザー「Google Chrome」の最新安定版v58.0.3029.81を公開した。「Google Chrome 58」では、ローカルデータベースのための標準API“Indexed DB 2.0”を新たにサポート。スキーマの管理がより柔軟に行えるようになったほか、バイナリデータ型をインデックス付きキーとして扱うバイナリキーがサポートされるなどの機能強化が図られた。

 また、“iframe”のナビゲーションも改善。広告などのコンテンツが自動的なリダイレクトといった迷惑な振る舞いを行うのを抑制しつつ、ユーザーによる操作が行われたときはトップレベルのページをナビゲートできる機能を追加した。

 そのほかにも、Android版でサポートが始まった“プログレッシブウェブアプリ(PWA)”で没入型のフルスクリーンがサポートされた。ゲームアプリによくみられるような、Androidのシステムバーまで覆ったフルスクリーンモードをWebアプリで実現できる。

 なお、本バージョンでは29件の脆弱性修正も行われているので注意。

 修正された脆弱性の深刻度の内訳は、同社の基準で4段階中上から2番目の“High”が3件、上から3番目の“Medium”が8件、最低の“Low”が1件など。「Google Chrome」は自動更新機能を備えているが、長期間起動したままで利用している場合や、アップデートを自分で管理している場合は、最新版への更新を怠らないようにしたい。

 「Google Chrome」はWindows/Mac/Linuxに対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロード可能。Windows版は64bit版を含むWindows 7/8/8.1/10で利用できる。

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:4/20(木) 11:06

Impress Watch