ここから本文です

【体操】マダム達を魅了する内村

東スポWeb 4/20(木) 16:43配信

 体操の内村航平(28=リンガーハット)が奥様層からの支持を増やし、キング人気を不動のものにしている。

 19日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開。先の全日本個人総合選手権では予選4位と苦しみながらも、10連覇を達成。「演技内容でいえば、自分のやりたいことはできなかった。10連覇という結果は素晴らしいが、内容が伴ってこそ。もう一回内容に目を向けてやっていきたい」と振り返った。

 19歳で北京五輪個人総合銀メダルを獲得し、一躍体操界の顔となった内村も、はや28歳。以前は“追っかけ”をする10~20代の同世代女子が現れ、アイドル的存在だった。しかしベテランと呼ばれるようになるに従い、年上層のファンが増加した。関係者によれば、イベントを行えば「30代から50代の女性が多く来場いただく」。体操という幅広い世代から注目される競技性に加え、家庭を持って“大人の男”になったことで、支持層がさらに広がったようだ。

 次戦は5月のNHK杯(東京体育館)。全日本選手権の経験を踏まえ、さらに「美しい体操」を追求する構えだ。

「(技の難易度を示す)Dスコアを上げる予定はなく、むしろ落とす可能性もある。新ルールになり(技の完成度、美しさを示す)Eスコアは8・5点が出ればいい、と思っていたら日本なら9点も出せるんだなと思った」(内村)

 NHK杯では世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)代表が決定する。今後も「美しい体操」で幅広いファンの期待に応えるつもりだ。

最終更新:4/20(木) 16:43

東スポWeb