ここから本文です

青柳館長率いる魔世軍がリアルジャパン本部を無法襲撃

東スポWeb 4/20(木) 16:43配信

 誠心会館の青柳政司館長(60)が総裁を務める魔世軍が19日、都内のリアルジャパン(RJ)本部を襲撃。練習中のタカ・クノウ(49)を“公開処刑”した。

 魔世軍は27日のRJ後楽園大会に参戦し、魔世軍5号(アレクサンダー大塚=45)と魔世軍8号(佐野巧真=52)組がタカ、倉島信行(44)組と対戦する。この日はタカがRJ本部で公開練習を行い、世界を制したグラップリング技術を披露していた。すると怒号を発しながら青柳総裁が魔世軍3号と7号を引き連れて乱入。セキュリティーが厳重なはずの本部内は騒然となった。

 タカは「土足で入ってこないでください! 試合は来週でしょ!」と激怒。しかし既に常軌を逸している魔世軍は聞く耳など持たない。タカは平井丈雅代表とともに暴行を受けてKOされてしまった。青柳総裁は「来週まで待てるか! 俺たち魔世軍のメンバーで試合をメチャクチャにしてやるからな」と高笑いを決め込んだ。

 さらには「目的はタイガーの首を取ることだ」(青柳総裁)とRJの総帥である初代タイガーマスクにも宣戦布告。「魔世軍は100号までいるからな。どこでも殴り込む!」と狂気すら漂わせながら、怪気炎を上げていた。

最終更新:4/20(木) 16:43

東スポWeb