ここから本文です

全米初のドライブスルー大麻販売店が開店、コロラド州

ロイター 4/20(木) 12:22配信

[19日 ロイター] - 米国でいち早く嗜好用大麻(マリフアナ)を合法化したコロラド州の小都市で20日、全米初のドライブスルーによるマリフアナ販売店がオープンする。

この店舗「タンブルウィード・エクスプレス・ドライブスルー」は、デンバーの西320キロのパラシュート(人口1100人)にある元洗車施設内に設置。

同店舗と州内で6つのマリフアナ販売店を経営するタンブルウィード社のマーク・スミス最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで「車の整備を受けるときのように建物内に乗り入れると、背後でドアが閉まる。車に乗ったまま店内に入ることができる」と述べた。

コロラド州では、小売りによるマリフアナ販売は既存店内で行われることが義務付けられているため、従来のドライブスルー方式の屋外窓口は使用できない。

地元メディアによると、コロラド州の監督当局者は、新店舗は州法に従い、21歳以下の人の店内立ち入りは車の後部座席での同乗であっても禁止する必要がある、と話したという。

最終更新:4/20(木) 12:22

ロイター