ここから本文です

白物家電、出荷3.6%増=2年連続プラス―16年度

時事通信 4/20(木) 13:00配信

 日本電機工業会(JEMA)が20日発表した2016年度の白物家電の国内出荷額は、前年度比3.6%増の2兆3279億円で、2年連続のプラスとなった。「省エネや高付加価値製品を中心に、幅広い価格帯で売れ行きがよかった」(調査統計課)という。

 製品別では、洗濯機が11.6%増の3289億円と大きく伸びた。エアコンは3.3%増の6938億円、冷蔵庫は0.7%増の4256億円。

 同時に発表した3月実績は、前年同月比6.0%増の2181億円と7カ月連続のプラスとなった。洗濯機が14.4%増、エアコンが4.6%増で、全体の伸びをけん引した。 

最終更新:4/20(木) 14:27

時事通信