ここから本文です

【阪神】天国から地獄!鳥谷、連続出場単独2位の節目でサヨナラ失策「しっかり捕っていれば…」

スポーツ報知 4/20(木) 6:04配信

◆中日4x―3阪神(19日・ナゴヤドーム)

 節目の一戦に信じられない悲劇が待っていた。同点の9回2死二、三塁。京田の三遊間寄りの平凡なゴロを三塁・鳥谷がまさかのファンブル。球を拾って送球したが一塁はセーフとなり、阪神が今季2度目のサヨナラ負けを喫した。

 「しっかり捕っていればアウトだった」と背番号1は肩を落とした。04年9月9日のヤクルト戦(甲子園)から続けてきた連続試合出場が1767試合となり、金本(現監督)を抜いて歴代単独2位に躍り出た。打撃では2安打2四球と存在感を見せていただけに、最後のミスが痛かった。

 鳥谷はサヨナラ失策の悔しさを押し殺し「一日でも長く出たい気持ちは強い。いい時も悪い時も支えてくれた方々がいるので感謝したい」と周囲の支えに頭を下げた。苦難を糧に、また前に進む。(表 洋介)

最終更新:4/20(木) 12:30

スポーツ報知