ここから本文です

<大阪・和泉>住宅庭から元組員?遺体 遺棄容疑で男逮捕へ

毎日新聞 4/20(木) 14:15配信

 大阪府和泉市の住宅で、庭の土中から成人男性の遺体が見つかったことが20日、捜査関係者への取材で分かった。男性は50代の元暴力団組員とみられ、別の銃刀法違反事件で逮捕された20代の男が遺体を埋めたことを供述したという。府警は近く男を死体遺棄の疑いで再逮捕する方針。

 府警は男の他に、少なくとも別の20代と40代の男2人が遺棄に関与した疑いがあるとみて行方を追っている。男性は金銭トラブルを抱えていたという。

 遺体は19日午後、和泉市葛の葉町1の住宅敷地の庭先にある花壇(縦約2.5メートル、横約1.3メートル)の土中で、深さ約55センチの場所からうつぶせの状態で見つかった。頭に土のう袋がかぶせられており、黒色ジャンパーにジーンズ姿で、左足のみ靴をはいていたという。司法解剖をして死因を調べている。

 元組員は2月に行方が分からなくなり、3月に知人が府警に届けた。

 現場付近の住民によると、花壇は3月中旬ごろから、敷地のコンクリートの一部を割って穴を掘って作られた。若い男女4、5人が作業にあたっていたという。

最終更新:4/20(木) 21:46

毎日新聞