ここから本文です

東芝、49型で実売16万円の4K「REGZA C310X」。レグザエンジンBeauty搭載

Impress Watch 4/20(木) 12:21配信

 東芝映像ソリューションは、4K液晶テレビ「REGZA C310Xシリーズ」を4月28日に発売する。価格はオープンプライス。想定売価は49型の「49C310X」が16万円前後、43型「43C310X」が13万円前後。

【この記事に関する別の画像を見る】

 どちらのモデルも解像度3,840×2,160ドット、4K IPS方式の液晶パネルを採用。バックライトは直下型LEDで、ダイナミックグローバルディミングを採用。映像処理エンジンは「レグザエンジンBeauty」を搭載。地上/BS/110度CSデジタル放送の映像を、4Kの緻密な映像にアップコンバート。2KのBlu-rayソフトも高精細に表示できるという。

 デジタル放送で目立ちやすいブロックノイズやモスキートノイズも低減する「地デジノイズクリア」、ローカルエリア毎の映像解析により平坦部とテクスチャー部を判別し、ノイズを際立たせることなく高精細な映像に復元する「地デジ精細感復元」、彩度に合わせて輝度を強調・加算する回路技術「カラーテクスチャー復元」も備えている。

 視聴環境に合わせて、適切な映像に自動調整する「おまかせオートピクチャー」も用意。動きの面では、バックライトのLEDを高速で明滅させ、残像感を低減する「4Kダイレクトモーション120」を採用する。

 チューナは地上デジタル/BS/110度CSデジタルを各3基搭載。別途、外付けUSB HDDを接続する事で録画もでき、放送を見ながら、裏番組の2番組録画も可能。SeeQVaultにも対応しており、録画したUSB HDDを、東芝ブランドの別の対応テレビやレコーダに繋ぎ変えても録画番組が再生できる。

 録画番組の自動チャプター分割に対応。2番組同時録画でも利用でき、シーン検出や音楽検出にも対応。ニュースや音楽番組などの見たい場面だけ選んで再生できる。家族それぞれのフォルダに分けて録画番組を管理する事も可能。連続ドラマなどを録画する際、次回以降の放送も連続して録画予約する機能や、「おまかせ録画」なども用意する。

 番組表は4K表示に対応。1つのチャンネルの番組を、まとめて8日分一覧できる。

 Ethernet端子やIEEE 802.11a/b/g/nの無線LAN機能も搭載。「ひかりTV 4K」や「4Kアクトビラ」、「Netflix」「YouTube」の4Kコンテンツ再生も可能。

 “好きなタレント”や“ジャンル”のテレビ番組、ネット動画、シーンやCMなどのコンテンツを横断的に抽出して表示する「みるコレ」機能や、お気に入りに追加するだけで、関連した番組やネット動画が自動検索する「みるコレパック」も用意する。

 スピーカーはフルレンジの3.05×7.2cmユニットを採用。剛性を強化した新型バスレフボックスも採用し、明瞭で厚みのあるサウンドを実現したという。1,700バンドを超えるイコライザーによる音質補正も行なっている。

 入力端子はHDMI×4、コンポジット×1、アナログ音声×1を搭載。出力はヘッドフォン/アナログ音声出力兼用端子×1、光デジタル音声×1。USBは、録画HDD接続用と、汎用の2系統備える。

 消費電力と年間消費電力量は49型が183W(待機時0.4W)、132kWh/年。43型が115W(待機時0.4W)、98kWh/年。外形寸法と重量は、49型が111×24.8×69.5cm(幅×奥行き×高さ)で、スタンドを含めた重量は12kg。43型が96.8×24.9×61.6cm(幅×奥行き×高さ)で、スタンドを含めた重量は9kg。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:4/20(木) 12:21

Impress Watch