ここから本文です

広島駅前に「桃太郎ジーンズ」直営店 カープコラボの同店限定ジーンズも /広島

みんなの経済新聞ネットワーク 4/20(木) 18:40配信

 ジャパンブルー(岡山県倉敷市)は4月7日、JR広島駅そばの再開発ビル「エキシティヒロシマ」に主力ブランド「桃太郎ジーンズ」を扱う直営店「桃太郎ジーンズ広島店」(広島市南区松原町3、TEL 082-207-0531)をオープンした。(広島経済新聞)

ジーンズをディスプレーする店内

 広島への直営店出店は今回が初めて。本店へは広島をはじめとする瀬戸内海周辺の近県からの来店も多く、海外にも商品を広めていきたいとの思いから外国人観光客が多く訪れる広島へ出店を決めた。

 店舗面積は約24坪。天井高を生かし、壁一面にジーンズをつってディスプレーする。商品はジーンズやトップス、バッグやポーチ、キャップといったジーンズ生地を使った小物など、5千点以上をラインアップする。男性向けの商品が多く、30~40代を中心に、20~60代まで幅広い利用がある。商品価格帯は、ジーンズ=2万2,000円~、トップス=1万3,000円~。

 店舗ごとにファンをつくろうと同社では限定オリジナル商品を直営各店で展開する。同店では広島東洋カープとコラボしたジーンズを用意した。通常商品では背面のポケットに桃太郎が持つのぼりに記された2本の白い線が入るが、コラボ商品ではチームカラーの白と赤の2本線を入れ、上段の線には「Carp」ロゴをあしらった。

 初回はメンズ向けジーンズ2種類100本を製造したが、現時点では9割が売れており、広島でカープ戦が行われる際には来店客数も増えるという。同社では反響を受け、15日からレディース向けジーンズも販売している。

 営業時間は11時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/21(金) 19:31

みんなの経済新聞ネットワーク