ここから本文です

PG富樫勇樹、バスケ代表選出へ危機感「候補から外されることもある」

スポーツ報知 4/20(木) 6:03配信

 バスケットボール男子日本代表候補のポイントガード(PG)富樫勇樹(23)=千葉ジェッツ=が19日、代表選出への危機感を明かした。

 都内で重点強化合宿に参加。7月から就任するフリオ・ラマス新監督(52)について「全然分からない方。自分はサイズでだいぶ劣っているので、候補から外されることもある」と話した。

 田臥勇太に続く日本人2人目のNBA契約選手とはいえ、167センチの身長は強化選手30人の中で最も低い。米国で大学進学を試みた際も、身長を理由に門前払いされた経験があり、指揮官が代わるたびに「選ばれるか不安」という心境になるという。リーグ戦中で疲労もあるが「そんなことは言ってられない」と激しい練習をこなした。

最終更新:4/20(木) 6:03

スポーツ報知