ここから本文です

輸入鉄鋼の調査指示へ=安全保障産業を保護―米大統領

時事通信 4/20(木) 14:49配信

 【ワシントン時事】米メディアは19日、輸入鉄鋼品が国内産業に与える影響について、トランプ米大統領が20日に調査を指示すると報じた。

 安全保障に関わる特殊鋼材を生産する産業を保護する狙いという。ダンピング(不当廉売)などに該当すれば対抗措置を検討。国内製品の優遇を目指すトランプ政権の「米国第一」を改めて示した形だ。

 報道によると、トランプ政権は軍艦の装甲などに使う特殊鋼材が、外国製の安価な製品に押され国内メーカーから調達できなくなる事態を、安全保障の観点から問題視。商務省に調査と大統領への報告を命じる。

 鉄鋼を米国に輸出している特定の国や地域ではなく、製品を標的にした対応という。 

最終更新:4/20(木) 14:55

時事通信