ここから本文です

粗鋼生産、3年ぶり増加=自動車、建設向け好調―16年度

時事通信 4/20(木) 17:00配信

 日本鉄鋼連盟が20日発表した2016年度の粗鋼生産量は、前年度比0.9%増の1億516万トンとなり、3年ぶりに増加した。輸出は低調だったが、内需の自動車や建設向けは好調だった。

 鉄鋼連盟は3年ぶりに増加したことについて、「下半期の回復が大きく貢献した」と指摘している。自動車向けは、新車投入効果が大きかった。建設向けは、都市再開発や物流倉庫で鋼材利用が増えたという。 

最終更新:4/20(木) 17:44

時事通信