ここから本文です

東南アジアへの関与強調=中国けん制―米副大統領

時事通信 4/20(木) 17:15配信

 【ジャカルタ時事】インドネシア訪問中のペンス米副大統領は20日、ジャカルタでジョコ大統領と会談後の共同記者会見で、東南アジアの平和維持のため、トランプ政権が引き続き同地域に関与する意向を強調した。

 「南シナ海での航行・飛行の自由を維持していく」とも述べ、南シナ海への進出を強める中国をけん制した。

 ペンス氏は、米国とインドネシアが「法の支配や人権、宗教の多様性など多くの価値観を共有している」と述べ、民主主義国家として両国が共通の基盤を持っていると指摘。穏健なイスラム教徒が多いインドネシアを「世界の参考になる」と称賛し、今後もテロ対策などで協力関係を深める方針を示した。 

最終更新:4/20(木) 17:20

時事通信