ここから本文です

キャプテン翼の作者、大谷翔平とコラボ 始球式も

朝日新聞デジタル 4/20(木) 19:08配信

 人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者、高橋陽一さん(56)と、日本ハムの大谷翔平がコラボしたグッズが20日から売り出された。今年の球団オフィシャルガイドブックで高橋さんと栗山監督が対談したことがきっかけとなり、実現した。

【写真】漫画家の高橋陽一さんが描いた日本ハム・大谷翔平と、Tシャツなどコラボレーショングッズ

 グッズは、Tシャツやタオルマフラーなど11種類。大谷は投打「二刀流」なので、高橋さんは投球と打撃の2種類を作画した。「僕はかっこよく描きたいので、基本、(キャラクターの)足をオーバー目に長く描くんだけど、大谷君は、その必要がまったくなかった」と高橋さん。

 この日、東京ドームであった試合前に始球式も務めた高橋さんは「江夏豊さんが好きだったので、(1981年に)江夏さんが移籍してきたときからの日本ハムファン」という。大谷は左太もも裏肉離れで離脱中で、チームは現在最下位に沈むが、「まだ始まったばかりなので、ここから巻き返してほしい」とエールを送った。(山下弘展)

朝日新聞社

最終更新:4/20(木) 19:08

朝日新聞デジタル