ここから本文です

<大相撲>春巡業 白鵬が本格的な稽古を再開

毎日新聞 4/20(木) 19:04配信

 大相撲の春巡業が20日、千葉県柏市であり、3月の春場所を途中休場し、17日の東京・靖国神社の奉納相撲から復帰した白鵬が本格的な稽古(けいこ)を再開した。

 白鵬は春場所初日に敗れた正代を指名し、同じ相手と続けて相撲を取る三番稽古で14番を取った。左前みつを取って引きつけて出たり、豪快な投げを見せたりと、さまざまな取り口を試しながら、25歳の成長株を圧倒した。

 先場所の途中休場は初日に右足裏のけがなどを悪化させたのが原因だった。正代を選んだ理由を「やっぱり春場所の(黒星)がある」と白鵬。自身の動きは「良かったね」と自賛し、1年ぶりの優勝を狙う5月の夏場所に向けて好感触を得ていた。【飯山太郎】

最終更新:4/20(木) 19:09

毎日新聞