ここから本文です

坂口良子さん、冷蔵庫に杏里容疑者の「10年前の手作りケーキ」

スポーツ報知 4/20(木) 10:04配信

 20日に放送されたTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で、18日に知人の30代のホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕されたタレントの坂口杏里容疑者(26)について報道。レギュラー出演しているフリーアナウンサーの堀尾正明(61)が、杏里容疑者と母で2013年に亡くなった女優・坂口良子さん(享年57)との親子関係についてのエピソードを語った。

【写真】坂口杏里「お説教してもらいたい」

 以前、取材で都内の良子さんの自宅マンションを訪れたことがあるという堀尾アナ。そのとき、良子さんが冷蔵庫からタッパーに入った手作りのケーキを出してきて「10年前に杏里が作ってくれたケーキなんですよ」と話したという。「とにかく仲がいいおふたりだったんですよね。杏里さんがお母さんのためにいろんなものを作ってくれて、それがうれしくて仕方ないようだった」と良子さんの様子を明かした。

 良子さんは、以前出演したテレビ番組でも、小学校の授業参観に行った際、授業で作ったタケノコ料理を参観していた良子さんに「ママも食べて」と持ってきてくれてことに、うれしくて涙が出たと話していた。

 それだけに「お母さんが亡くなって、精神的支柱がなくなったのかなと思うけど、もう26歳なんだから、お母さんが悲しまないような行動をとってほしいし、支えてくれる人を見つけて歩んでいってほしいですね」と堀尾アナは語った。

 また、MCの国分太一(42)は「共演したことはそんなにないんですが、(AV作品への出演や夜遊びなどに)少し違和感というかすべてにおいて無理し過ぎなんじゃないかなと。相談する人とかいなかったんでしょうかね」とコメント。同じくMCの真矢ミキ(53)は「仲が良かったお母さんが亡くなってから、自暴自棄になっているのかな…。擁護する気はないですが」とキッパリ言い切っていた。

最終更新:4/20(木) 12:05

スポーツ報知