ここから本文です

ヨーロッパ33カ国で利用できる「EURO SIM」

Impress Watch 4/20(木) 16:01配信

 アイツーは、ヨーロッパ33カ国で利用できるSIMカード「EURO SIM」を発売した。基本料に相当するパッケージ価格は980円(税抜)。

 「EURO SIM」は、海外で通話、データ通信を利用できるSIMカード。対象地域で3G通信を利用でき、一部のキャリアはLTEにも対応する。SIMロックフリーまたはSIMロックを解除した端末に対応する。

 音声通話の着信およびSMSの受信は無料。通話の発信(1分あたり0.39ドル)とデータ通信は、追加料金で購入したチャージを消費することで、利用できるようになる。

 データ通信では、「パック」として大きく3種類のプランが用意されている。「EURO単国お得パック」は、対象国のうち1つの国で、1GBの通信ができるプラン。料金は19ドル(約2280円)。

 対象33カ国で利用できる「EURO横断パック」は、100MB~2GBまでの5つの容量が用意される。例えば、1日有効/100MBの「EURO横断 1日パック」は5ドル、「EURO横断 1週間250MBパック」が15ドル、「EURO横断 30日2GBパック」は75ドルとなっている。

 アンリミテッドパックは、1日または14日間の有効期間内なら、データ容量を使い切っても低速で利用できるプラン。1日有効/容量100MBの「SNS1日無制限パック」が10ドル、14日間有効/容量4GBの「SNS2週間無制限パック」が125ドルで提供される。容量超過後の速度は、利用する国によって異なるが、128~256kbps程度となる。

 なお、「EURO SIM」ではエストニアの電話番号を利用している。EURO SIM側の通話の着信は無料だが、日本の電話番号から発信する場合、エストニアまでの国際電話料金がかかる。

 SIMカードのサイズは、標準SIM/microSIM/nanoSIMの3種類から利用したいサイズに切り取って利用できる。SIM本体の有効期間は最後の利用から1年間。有効期間中にチャージを消費する通話やSMSの送信などがあると、さらに1年間の自動更新となる。

 また、法人用「EURO SIM」も用意される。価格は6980円で50ドル分のチャージ付き。通話明細(有料)と領収書の発行に対応する。

ケータイ Watch,石井 徹

最終更新:4/20(木) 16:01

Impress Watch