ここから本文です

3DS「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」事件の発端となるストーリーを公開

Impress Watch 4/20(木) 16:21配信

 カプコンは8月3日発売予定のニンテンドー3DS用大法廷バトル「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の最新情報を公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回は、事件の発端となるストーリーの公開と、主人公のイトコで、今回の事件の弁護を行なう「成歩堂龍太郎」や、事件に関わる登場人物3名が明らかになった。

 ほかにも、「大逆転裁判」の基本的なシステムとなる「探偵パート」と「法廷パート」、さらにそれに関連して行なわれる「共同推理」や「陪審バトル」についての詳細がスクリーンショットと共に公開された。

 なお、「大逆転裁判2」の公式サイトでは、WEB体験版が公開されており、本作の冒頭を一足早くプレイすることができる。このWEB体験版は、PCとスマートフォンどちらでもプレイが可能で、インストール不要で楽しむことができる。

【海辺の英国婦人殺人事件】

 大日本帝国が、大英帝国と緊張した国交関係の最中、英国からの留学生女史が何者かに殺害される事件が発生。
 事件発生時、被害者とふたりきりだった帝都勇盟大学の女学生、村雨葉織(ムラサメ ハオリ)が逮捕された。

 無実を訴える葉織だったが、国交問題にも発展しかねない事件に、名乗り出る弁護士がいるはずもなかった。
 ただひとり、成歩堂龍太郎以外には-。

 成歩堂龍ノ介の"イトコ"を名乗る謎多き人物、成歩堂龍太郎。
 凛とした視線、丁寧な言葉遣い、そしてその可憐なたたずまいはどこかしら懐かしさを感じられる……。
 学生服に秘められた「覺悟」をむねに、龍太郎は法廷に挑む!!

【スクリーンショット】■「海辺の英国婦人殺人事件」登場人物を紹介□成歩堂龍太郎 (ナルホドウ リュウタロウ)

 成歩堂龍太郎は、熱き逆転魂「成歩堂龍ノ介」のイトコになる。彼は、地方の大学で法律を学ぶ学生で、「御琴羽寿沙都」の親友を助けるため今回の事件の弁護を行なう。この裁判には特別な思いと覺悟で挑む。

【成歩堂龍太郎】

【スクリーンショット】□村雨葉織(ムラサメ ハオリ)

 帝都勇盟大学に通う女学生で、「御琴羽寿沙都」の親友。事件現場となった閑静な海辺にて逮捕された。被害者の英国留学生と同じ研究室に在籍。

【村雨葉織】

 法廷で龍太郎を待ち構えていたのは、かつて成歩堂龍ノ介を追い詰めた因縁の亜内武土検事。打倒成歩堂に意気込む検事は、葉織の隠された犯行動機を暴く。

 追い詰められる龍太郎、ついには2人の目撃者が召喚される。宿命の対決、その第2幕が始まる……。

【スクリーンショット】□細長悟(ホソナガ サトル)

 海辺にて任務遂行中に事件を目撃した帝都警察の刑事。カンペキな証言を行なうため、事件当時の格好を再現して法廷に立つ。変装と潜入捜査のプロで、成歩堂とは過去の事件で顔見知り。

【細長悟】□夏目漱石(ナツメ ソーセキ)

 大英帝国の留学から帰国し、現在は「吾輩は猫である」を連載中の小説家。英国帰りの新進気鋭作家として注目されており、密着取材中に事件を目撃。成歩堂とは過去の事件で顔見知り。

【夏目漱石】

 証人として法廷に現れたのは、細長刑事と夏目漱石のふたり。それぞれの事情で事件現場にいた彼らは、殺害を目撃したと証言する。決定的な証言を前に、絶体絶命な龍太郎と葉織……!はたして龍太郎は、証言のムジュンを暴き、葉織を救えるのか!?

【スクリーンショット】

 法の黎明期である明治時代の日本の法廷。弁護士という制度が導入されて間もないため、弁護士の地位もそれほど高くない時代。

 そんな中で初めて弁護士として法廷で奮闘する龍太郎。それを助手としてサポートするのは、寿沙都の父である御琴羽教授。

 裁判が進むにつれ、徐々に明らかになる真実……。そして、話は過去に起こった英国紳士殺人事件にまでおよび……!?はたして事件の真相とはいったい!?

【スクリーンショット】■「大逆転裁判」基本的なシステムを紹介

 本作は、「ウソやムジュンを指摘して、真実を暴く」という「逆転裁判」シリーズではおなじみのシステムが導入されており、「探偵パート」と「法廷パート」をこなすことで、ストーリーが進行していく。

 まず事件が発生したら、「探偵パート」で事件現場などを調べて証言や証拠を集め、「探偵パート」で集めた証言や証拠品などを武器に「法廷パート」で戦い、事件の真相を暴いていくことになる。

 そして、それぞれのパートに「大逆転裁判」ならではのシステムである「共同推理」と「陪審バトル」が登場する。

□「探偵パート」の紹介

 探偵パートでは、調査と聞き込みをして、証拠品や情報を集める。「調べる」、「話す」、「移動する」、「つきつける」という4つの行動で事件を調査する。

 「移動する」で事件に関係する場所へ行き来し、事件現場や関係する場所を「調べる」。そして、「話す」や「つきつける」で、事件関係者などから情報を聞き出していく。十分に調査が済んだとき、いよいよ「法廷パート」へと進むことができる。

【スクリーンショット】

□「探偵パート」の紹介

 法廷パートでは、被告人を救うため、ウソやムジュンした証言をする証人や検事と闘い、事件の真相を明らかにしていく。「探偵パート」で集めた証拠品や情報と照らし合わせて、証人を“ゆさぶり”、ムジュンした発言を見つけたら証拠品を“つきつけ”、真実を暴き、依頼人の無実を勝ち取っていく。

【スクリーンショット】

【ゆさぶる】
 証人が事件に関して証言するが、必ずしも正しいとは限らない。一見どこにもムジュンが見当たらない証言でも、まずはゆさぶってみよう。証言ひとつひとつをゆさぶり、詳細を聞き出すことで、思いがけない真実が明らかになることもある。

【スクリーンショット】

【つきつける】
 法廷記録にある証拠品は、紛れもない事実を示すものとなる。証言の中にムジュンを見つけたら、すかさずそれを示す証拠品をつきつけ、真実への道を開いていく。

【スクリーンショット】□探偵パートで発生する「共同推理」の紹介

 「探偵パート」では、ホームズがいる場面で「共同推理」が発生することがある。ホームズは、その鋭すぎる観察眼と自由すぎる推理力で、放っておくとトンでもない超推理の領域へ行ってしまう。

 プレーヤーは、龍ノ介としてその推理のおかしいところをツッコみ、真実へと導いていく。ホームズの超推理と龍ノ介の華麗なツッコミで奏でる「共同推理」。ホームズと協力して真実を導き出そう。

【スクリーンショット】

□倫敦法廷のシステム「陪審バトル」の紹介

 倫敦での法廷では、裁判長に加えて、6人の陪審員が判決を左右する。検事や証人の証言を聞いて「有罪」と判断してしまう陪審員を説得して、評決を再検討させることもできる。

 説得が成功すれば、評決が「無罪」に逆転することもある。証人のウソやムジュンした証言に証拠品をぶつけて真実を暴き、陪審員同士のムジュンした意見をぶつけて、逆転無罪を勝ち取っていこう。

【スクリーンショット】■メインキャストからのコメント動画を公開

 「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」のメインキャストを務める下野紘さんと花澤香菜さんからのメッセージ動画が公開された。

 それぞれが演じるキャラクターへの思いや本作への期待などが語られている。

【「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」発売日決定記念!メッセージ動画【下野さん&花澤さん】】

【下野紘さんと花澤香菜さんからのメッセージ】Amazonで購入:大逆転裁判2のみ1&2 限定版©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

GAME Watch,宮本章弘(クラフル)

最終更新:4/20(木) 16:21

Impress Watch